各社によって違う発電効率

太陽光発電を取り扱っている会社は、一社だけではありません。
国内メーカーでも、そして海外メーカーでもそれを取り扱っています。
それぞれに価格の違い、また発電効率の違いがあります。

太陽光発電を導入する場合に注目すべきことの一つが、発電効率です。
この場合、これは、太陽光のエネルギーをどれだけ電気に変換する事ができるか、という事です。
一般的な発電効率は20%程度となっています。

また、実際に主要メーカーを比較してみるだけでも、その発電効率はかなりの違いがあります。
その理由の一つが、それぞれのパネルのタイプが違うという事です。

例えば、変換効率が最も高いと現在いわれているのが単結晶シリコンタイプです。
多くのメーカーで採用されているタイプですが、価格は他の物に比べると少々高めになります。
それ以外で言えば、多結晶シリコンタイプがあります。
これは大量生産ができるので製造コストが安くなりますが、単結晶に比べると変換効率が低めとなります。
製造コストが高い物はハイブリッド単結晶シリコンタイプですが、これは価格も高いのですが変換効率も高くなっています。
それ以外で言えば、化合物系タイプなとがあります。

それぞれのタイプで長所と短所があります。
その為、自分の家にはどういうのが合っているかをしっかりと検討するのが重要です。
また、太陽光パネルを設置する予定の屋根の大きさでも選ぶものが変わってきます。
例えば、屋根の大きさが大きい場合はそれほど発電効率は気にせずに価格を重視する事もできますが、屋根の大きさがあまりない時は、狭いスペースで十分な量を発電する必要が出てくるので、発電効率の良いものを選ぶ必要が出てきます。

また、現在、従来の物の約2倍の発電効率が期待できる太陽光パネルも開発されています。
様々なメーカーでパネルの特徴も違い、発電効率にも差があるので、太陽光発電を導入する時は、それぞれのメーカーの違いをしっかりと把握するのが重要です。


Comments are closed.