太陽光発電 導入について考える

私たちの生活を成り立たせる為には、エネルギーが必要です。
それを発生させるものとして、石油などが使用されていますが、限りある資源と言われていて、枯渇するとも言われています。
(これに関しては枯渇しないという意見もあるので、現在どちらが正しいかとかは言えないのが現状です)
そこで、代替エネルギーが模索されていて、中でも注目されているのが太陽光発電です。

簡単に言えば、太陽光を利用した発電で、太陽光パネルに日光を当てて、そのエネルギーを電力に変換します。
ソーラー発電とも言われていて、過去には電卓などでの使用が一般的でした。

太陽光はいろいろなところにまんべんなく降り注ぐ光です。
莫大なエネルギーを発生している太陽光をそのままにしておくのではなく、電気にしようとしたのが、太陽光発電です。
また、技術の進歩はめまぐるしく、現在では家庭用の太陽光パネルも発電効率が以前よりも向上しているものが多数あります。
導入に必要となる価格も、価格競争が起こっていて、以前に比べるとその設置費用も安くなってきています。

また、太陽光発電での発電量は、パネルの枚数に比例して増えていきます。
つまり、パネルを2枚設置すれば、1枚の時よりも発電量は2倍です。
その為、重要なのは、限られた大きさの屋根に、いかに多くの枚数の太陽光パネルを設置するかという事です。
従って、以前はある程度の大きさの四角いパネルしかありませんでしたが、現在は三角形の物や、もっと小さなものが開発されています。
それを使う事によって、屋根の大きさをまんべんなく使ってパネルを設置する事ができるようになっているのが現状です。

太陽光発電は、クリーンな発電方法としても注目されています。
従来、発電をする時は地球温暖化を促進する二酸化炭素などが発生していましたが、太陽光発電に関してはそれが発生しません。
環境の事を考えてても、とてもクリーン発電方法なので、太陽光発電は時代にとてもよく合っている発電方法です。


Comments are closed.