導入費用と維持費について

太陽光発電を導入する時、気になるのはそれを導入する時に必要となる費用です。
一般的には200万円前後ですが、中にはもっと安く導入している人もいるし、高いものを設置している人もいます。
導入費用に関しては、どのような太陽光パネルを設置するのか、どこに設置するのかなどによってもかなりの差が生じます。
その為、実際に太陽光発電を導入しようとする時は、自分の家ではどれくらいの費用が必要なのか、その見積もりを取るのも重要です。

さて、太陽光発電に関しては、どうしても導入費用ばかりが注目されがちです。
勿論、補助金や売電に関しても情報は入ってきますが、それだけだとそれを導入する場合、設置するのにはお金がかかるけれど、それ以外にはお金が必要ないと勘違いされてしまうこともあります。
実際にはそうではなくて、メンテナンスを定期的にする必要があり、維持費が発生します。
では、その維持費は一体どれくらいでしょうか。

太陽光パネルに関してはかなり耐久性が優れているので、維持費は基本的には必要ありません。
勿論、耐久年数はありますが、15年から20年ほどはもちます。
また、パワーコンディショナーに関しては維持費が少々必要となります。
パワーコンディショナーとは太陽光パネルが発電した直流の電気を一般家庭で使えるように交流に変換する装置です。
これは、10年以降で20万円ほど必要となり、交換費用は3万円程度必要となる事が多くあります。

また、それ以外でも太陽光パネルの定期的な点検が必要な時もあり、その費用が必要となる事があります。
さらに、太陽光パネルの耐用年数は15年から20年ですが、絶対にそこまで大丈夫とは言い切れず、場合によっては不具合が生じてしまうことがあります。
そんな時は、長期保証をしてくれるメーカーで設置していれば、その時に不具合が出てもしっかりと補償してもらう事ができます。

太陽光発電は、どうしても導入費用だけに目が行きがちです。
ただ、耐用年数もあるし、また維持費が必要となる事もあります。
その為、それを導入しようとする時は、導入費用だけを重視するのではなく、その10年後、20年後にどれくらいの費用が必要となる可能性があるのか、その維持費について知っておくのが重要です。


Comments are closed.